Smart Live社会保険労務士事務所のコラム。日々の報道から切り取ってお伝えします。

介護支援取組助成金 見直し 2016/6/19

 今日の産経新聞朝刊より
今年の4月に新設された厚生労働省の介護支援取組助成金について、支給要件の見直しをすることが決定。

 

申請条件が取り組みやすい上に、支給金額60万円の大盤振る舞い感もあり、大阪の申請件数が5月以降急増。当初予算を大幅に上回る申請件数のため申請要件が早速見直されるとのことですが・・・

 

申請の受付自体が早々に打ち切られるのではないかと噂があったので、要件を見直すだけで受付は継続するならまぁ良かったかなと思います。この助成金は私も申請の代行をして、要件のひとつである研修も、社内に研修を担当できる方がいない場合は講師役を務めましたが、介護保険や介護休業に関する一般的な知識を持っていない方が多いな~という印象を受けました。給与明細もあまり中身を見ていないのか、介護保険料が控除されていることもご存知でなかったり・・・
実際にすぐに介護に直面するという方はいなくても、いつその時が訪れてもいいように、知識という準備をしておくことはとても大事。会社は大事な会社の戦力(ヒト)を失わないためにも、制度について会社が積極的に知り、取り入れていくことは今後重要なことになってきます。

 

助成金受給のための要件は変わりますが、これからも出会った事業主の方々にお勧めしていければいいなぁと思います。